スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校生の大会(三重)

月1で更新しないと広告が出るので、これからは月1くらい何か更新したいと思います。

今回は高校生の大会について。

大会は
全国高等学校将棋選手権大会
全国高等学校将棋竜王戦
全国高等学校文化連盟将棋新人大会
近畿高等学校総合文化祭
の4つが主な大会です。

一番早く行われる大会は全国高等学校将棋選手権大会の三重県予選で、だいたい5月上旬に行われ、そこで代表権を得ると7月の下旬から8月の上旬の間くらいに行われる全国大会に出場できます。
男子個人、男子団体、女子個人、女子団体があります。
津高校は1997年と2000年に男子団体で優勝して代表に、2004年と2008年に女子団体で優勝して代表になっています。
会場は2000年前後は津高校で行われる事が多かったですが、最近は高田高校で行われているようです。綺麗ですしね。

次に行われる大会は全国高等学校将棋竜王戦の三重県予選です。
だいたい5月の下旬から6月の間くらいに行われ、優勝者1名が8月下旬に行われる全国大会に出場できます。
1997年には三重県代表が優勝しました。
代表を決める竜王戦だけではなく、A級戦という少しランクの落ちるクラスも開催されています。
10年以上前は初心者にも優しいB級戦というクラスもありましたが、最近は参加者自体減っているからか無くなってしまったようです。
会場は2000年前後は伊勢の船江会館で行われていました。
津高生にとっては少しアウェーな場所でしたが、最近はサンワーク津や高田高校で行われているようです。

次に行われる大会は近畿高等学校総合文化祭の三重県予選です。
会場は色んな場所で行われてきましたが、最近は高田高校で行われているようです。
だいたい7月の下旬から8月の上旬くらいに行われ、代表者は11月頃に行われる近畿高等学校総合文化祭 将棋部門に出場できます。
男子選手権、A級、B級、団体、女子選手権、A級があります。
昔は女子団体もあったんですが、やはり参加人数の問題で無くなってしまったんでしょうか?
開催地は毎年、各府県の持ち回り制で、三重県では1987年、1995年、2004年、2013年に開催されています。
8年間隔、9年間隔、9年間隔となっているのはおそらく途中から徳島が入ってきたためで、今では鳥取まで入ってきているので、次回、三重県で開催されるのは2023年頃でしょう。
徳島、鳥取の近畿はオーストラリアがアジア連盟くらい意味が分かりません。
代表者は選手権、A級、B級全て2名ずつですが、開催地になると倍くらい枠が増えます。
今、小学生4、5年生の子チャンスです。
津高校からも何度か代表者を出していて、自分が審判としてお手伝いしていた2004年は
男子選手権1人、A級戦1人、B級戦2人、女子団体戦3人、女子A級戦1人
と多くの人数が参加していました。

最後の大会は全国高等学校文化連盟将棋新人大会の三重県予選です。
10月下旬に三重県総合文化センターで行われる、みえ高文祭で公開部門として行われます。
昔は新人戦の他に公開対局部門があり、1日での開催でした。
今は初日に新人戦、2日目に棋力認定大会が行われています。
男子2名、女子4名が代表になります。
2005年には三重県代表が優勝しています。

主な大会はこの4つですが、高校生が出場できる大会は他にもあります。
但し、会場が関西や関東なので、それなりの実力者しか参加しないでしょう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。